みなと浪漫

みなと浪漫

みなと浪漫

「みなと浪漫」は港で栄えた新潟の町を映す名菓として創製しました。
江戸時代には北海道や関西など西廻航路の寄港地として北前船が航行し、 新潟の町は栄ました。
1843年新潟港周辺が天領となり新潟奉行所が設けられました。
また1854年には日米通商条約で開港五港のひとつに指定され、 新潟の発展に寄与し、今日に至ってます。
新潟湊の発展は、物資の物流と共に多くの人々が新潟を往来することで、 花街が隆盛する新潟独自の「みなと文化」が生まれたと言われております。
丸屋本店の「みなと浪漫」は、みなとをテーマに新潟の発展を願い、 伝統的なフランス菓子を基に新しい名菓として作り上げました。
末永くご賞味頂ければ幸いです。

ページ上部へ戻る