越後姫

●諸橋弥次郎農園 諸橋 弥須衛 さん(新潟市江南区茗荷谷)

土の力、人の工夫で作物はよく育つ。
だから私は土耕栽培にこだわります。

ハウスに入った瞬間、ふわりと広がる甘い香り。新潟が誇る大粒いちご「越後姫」を育てる諸橋弥次郎農園を訪ねました。いちご栽培歴40年以上。越後姫の誕生前から県外の品種で試行錯誤してきた諸橋さんにとって、新潟の自然条件に適した越後姫は、育てやすい品種だといいます。
しかし当然、手を抜くことはありません。
徹底してこだわるのは、土。栄養豊富な米ぬかや繊維質の多いワラを混ぜ込み、配合も毎年変えて改良を試みます。 「ワラを混ぜるのは重労働だから、最初は奥さんに嫌がられてね。でもその妻が驚くほど、いちごも他の野菜もよく育つんです」。
栽培方法も、水耕と比べて手間がかかると敬遠されがちな「土耕栽培」を採用。
効率より品質重視の越後姫は、平均糖度12度と甘く、香りの
良さが評判です。そんな諸橋さんと長年の交流がある、丸屋本店の店主。
今年から諸橋弥次郎農園管理のもと、契約農園として越後姫の栽培を始めました。
香り高い越後姫を贅沢に練り込んだ、新感覚の羊羹。ぜひご賞味ください。

越後姫羊羹

1本 1,500円(本体価格)

日持ち 30日

 

苺ジュレ 越後姫
いちごジュレ えちごひめ

ページ上部へ戻る